メニュー

がん医療と遺伝情報

がん医療と遺伝情報

近年、がん医療においても遺伝情報を活用した医療が進んでいます。
ここではHBOCに関係するトピックを紹介します。

マルチ遺伝子パネル検査、マルチジーンパネル検査
(複数の遺伝子を一度に調べる検査)

  • 従来、HBOCが疑われる家系では、BRCA1遺伝子とBRCA2遺伝子のみを解析してきました。欧米では、BRCA1,2遺伝子を含む、がんの発症に関わる複数の遺伝子を一度に調べる「マルチ遺伝子パネル検査」が普及しており、日本でも保険外診療として導入している医療機関があります。
  • マルチ遺伝子パネル検査は、ご本人の既往歴や家族歴から2つ以上の遺伝性のがんが疑われる家系や、家族歴の情報が限られているために遺伝性のがんの可能性に関する評価が難しい場合などには有用な検査と考えられています。
  • ただし、現在のところ、日本でマルチ遺伝子パネル検査を受けられる医療機関は限られています。

がんゲノム医療

  • がんゲノム医療とは、がんの組織で起きている遺伝子の変化を探して、効果的な薬物療法を選択する戦略です。一度に複数の遺伝子を調べるため、「がん遺伝子パネル検査」と呼ばれることもあります。
  • 多くの場合、後天的に起こった遺伝子の変化ですが、遺伝的に(生まれつき)持っている遺伝子の変化、すなわち遺伝性のがん(遺伝性腫瘍)がわかったり、その可能性が示唆されることもあります。
  • 今後は、個々の遺伝情報に基づいて治療と予防の両面を目指す医療の実現化が目指されます。