市民公開講座

日時:2018年1月20日(土)13:30〜15:30

会場:聖路加臨床学術センター B1 日野原ホール
住所:聖路加国際大学 大村進・美枝子記念 聖路加臨床学術センター 東京都中央区築地3-6-2 【地図
最寄駅:東京メトロ 日比谷線 築地駅 3番出口・4番出口 徒歩3分 /東京メトロ 有楽町線 新富町駅 6番出口 徒歩5分

入場無料・事前申し込み不要

市民公開講座内容

  • HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん)の基礎知識
  • HBOCの女性からのメッセージ
  • シンポジウム「Girl's talk!みんなで考えようHBOC」

市民のみなさまからいただいた質問をもとに公開シンポジウムをおこないます。

山内英子 聖路加国際病院 副院長•ブレストセンター長•乳腺外科部長

山内英子 聖路加国際病院 副院長•ブレストセンター長•乳腺外科部長

「乳がんって遺伝するの?」「うちはがん家系?」そんな不安をかかえている貴女へ。医療の進歩とともに、その原因となる遺伝子が見つかってきています。さらには、がんを発症する前にリスクを評価し、それに基づく予防が行なえる時代になりつつあります。ご一緒に知識を蓄え、貴女らしい選択をしつつ、歩んでいきましょう。
大川 恵 聖路加国際病院 看護師

大川 恵 聖路加国際病院 看護師

身近な人や家族のがんを経験したことはありますか?その中には、うちはがん家系かも?と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。今回の企画ではがんと遺伝という問題に向き合い、様々な選択をされた市民の方のお話を聞くことができます。皆さまと共に乳がんと遺伝について学び、自分とそして大切な家族の健康を守る知恵と勇気をシェアできればと思います!
鈴木美慧 聖路加国際病院 遺伝診療部 認定遺伝カウンセラー

鈴木美慧 聖路加国際病院 遺伝診療部 認定遺伝カウンセラー

HBOCの大きな特徴は自分のがんのなりやすさを知って選ぶ治療や健康管理があることです。遺伝カウンセラーはみなさんの遺伝に対する疑問や不安を伺い、 生涯にわたる様々な選択をサポートしていきます。遺伝のことを誰かに相談したい、きちんと話を聞いてみたい、そんな悩みを出していただける場所が遺伝カウンセリングです。

「乳がん」と「遺伝」についての疑問・質問を募集中!

例えば
  • ■医師から「遺伝性乳がん」と言われたらどうすればいいの?
  • ■予防のための手術のこと、知りたい。
  • ■母も祖母も乳がんだったら私も?
  • ■ 乳がんだけど子供が欲しい…。これから妊娠しても大丈夫?

「乳がん」と「遺伝」について知りたいこと、みんなで話したいことをメールでお送りください。
送り方:件名に「HBOCについて」と書いてcg@luke.ac.jpまでお送りください。
締め切り:2018年1月10日(水)
※みなさまからいただいた質問等を参考にしてシンポジウムをおこないます。個々の質問に個別にお答えすることはできませんので、予めご了承ください。

◆市民公開講座チラシ→こちら

市民公開講座に関するお問い合わせ先:
第6回日本HBOCコンソーシアム学術総会事務局
cg@luke.ac.jp
ホームへページトップへ