市民公開シンポジウム

今知りたい。遺伝性乳がん卵巣がん
乳がんや卵巣がんの一部は遺伝によって起こり、一般のがんと区別して
「遺伝性乳がん卵巣がん症候群」
(Hereditary Breast and Ovarian Cancer;HBOC)と呼ばれます。
このシンポジウムでは、HBOCについて専門家がわかりやすくお話しするとともに、
医療体制が整った米国での診療や患者さんの活動をご紹介します。
これからの日本の社会・医療がHBOCとどう向きあっていくべきか、
一緒に考えてみませんか。
日時:2015年1月24日(土) 13:30〜16:30 (開場13時)
会場:東京医科歯科大学 M&Dタワー2F 鈴木章夫記念講堂
地図はこちらをご覧ください。→地図
入場無料・事前申し込み不要(定員350名)
お問い合わせ:日本HBOCコンソーシアム事務局
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8 昭和大学医学部乳腺外科教授室内
TEL/FAX:03-3784-8707 E-mail:hboc-office@mopera.net
参加無料
同時通訳レシーバー申込み方法
一部、英語による講演があります。同時通訳をご希望の方にはイヤホンレシーバーをご用意いたします。貸し出しを希望される方は予め「レシーバー申込み」「お名前とご連絡先(電話番号またはメールアドレス)」をお書きになり、Eメール、FAX、ハガキのいずれかで上記事務局にお申込みください。
※お申し込み後、確認の返信はいたしませんので、当日、受付でお名前をおっしゃってください。
司会 大住省三(国立病院機構四国がんセンター乳腺外科医長)
医師の立場から HBOCとはどんな病気?日米での診療体制の違い
山内英子 (聖路加国際病院乳腺外科部長・ブレストセンター長)
遺伝カウンセラー
の立場から
米国でのHBOC診療と遺伝カウンセラー
田村智英子(認定遺伝カウンセラー(日米))
米国患者支援団体
の立場から
米国での患者支援活動とHBOCとの関わり
Stacy Lewis (米国Young Survival Coalition 副代表CEO)※同時通訳あり
米国HBOC患者団体
の立場から
FORCEの発足から今までの活動状況
Sue Friedman(米国FORCE代表)※同時通訳あり
日本の乳癌患者
の立場から
患者目線で見た日本のHBOC診療
桜井なおみ(キャンサーソリューションズ株式会社代表取締役社長)
シンポジストプロフィール
山内 山内英子
乳腺外科医。聖路加国際病院乳腺外科部長・ブレストセンター長。順天堂大学医学部卒業。1994~2009年渡米、ハーバード大学ダナファーバー癌研究所を始め複数の大学で乳がん医療を研鑽し、2009年4月聖路加国際病院乳腺外科医長を経て、2010年より現職。米国外科学集中治療専門医、米国外科認定医。日本HBOCコンソーシアム理事。米国での乳がんの研究、臨床経験を生かして、患者に寄り添う診療を目指している。
田村 田村智英子
認定遺伝カウンセラー(米国・日本)。胎児クリニック東京 医療情報・遺伝カウンセリング室長。東京理科大薬学部卒。製薬企業勤務を経て、2000年フルブライト留学、2003年ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院修士課程卒業。現在、胎児クリニック東京のほか、順天堂大学遺伝相談外来、岩国医療センターにて遺伝カウンセリングに従事。2004~09年にはお茶の水女子大大学院遺伝カウンセリングコース准教授として教育に携わる。
ルイス ステイシー・ルイス
米国の国際的若年性乳がん患者支援団体、Young Survival Coalition (YSC)副代表・企画部長。乳がんと診断された若い女性たちや治療にかかわる人を対象に、乳がん研究や患者支援につながる新たな企画の立ち上げに精力的に取り組む。NCCN(米国がんネットワーク)患者支援サミット、オーストラリアがん専門看護師会、アイルランドでの若年乳癌患者会など米国内外の会議にもYSC代表として参加している。
フリードマン スー・フリードマン
米国の遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)患者団体、Facing Our Risk of Cancer Empowered (FORCE)代表。33歳で乳がんと診断されたが、治療終了後にHBOCであることが判明しショックを受ける。その経験から、遺伝性がんの患者・家族のため、そして自分自身が情報を得るために1999年にFORCEを設立。当初5つから始まったFORCEの患者支援グループは現在75に拡大し、HBOCの研究、政策提言、情報発信源として活動している。
桜井 桜井なおみ
乳がん体験者。NPO法人HOPEプロジェクト理事長、一般社団法人CSRプロジェクト代表理事。キャンサーソリューションズ株式会社代表取締役社長。2004年乳がん罹患。自らのがん経験や社会経験から小児がん経験者や働き盛りのがん経験者支援の必要性を感じ、がん経験者・家族支援活動を開始、現在に至る。「がんと一緒に働こう(合同出版)」「がん放射線治療(学研)」ほかの共著書がある。
大住 【司会】大住省三
乳腺外科医。国立病院機構四国がんセンター乳腺外科医長、がん診断・治療開発部長(兼任)。日本HBOCコンソーシアム理事、第3回日本HBOCコンソーシアム学術総会会長。岡山大学医学部卒業。岡山大学第2外科ほかを経て1993年より四国がんセンター勤務。HBOCを初めとする遺伝性腫瘍の診療に長く携わり、医療者の立場から診療体制の充実を訴えている。
■ご案内チラシはこちらからダウンロードいただけます。→チラシ
ホームへページトップへ